fc2ブログ

タイトル画像

オウジファクトリーのカスタムBLOG

ストリーム(RN3)ドライブシャフト・ハブベアリング交換

いつもお世話になっております、HREさんストリーム。



昨年末に別の作業でお預かりしたときに、「最近エンジンまわりからの音が大きい気がするのでついでに見て欲しい」
とのことでしたので、試乗しましたところ、ハンドルを切ったときに左からゴロゴロとジャダーのような音が・・・


直進の時はまったく音がしないことからドライブシャフトの損傷を疑いました。

平成13年式 走行距離96000km

この年式、走行距離からしてドライブシャフトのジョイントが破損するのは早過ぎます。

原因の一つとして考えられるのは極端なローダウン。


ローダウン車両の走行状態は、平坦で直進状態であってもドライブシャフトの等速ジョイントに角度がつき、
常に負担がかかった状態になりますから車にとって決して優しい状況とはいえません。

ブーツの破れはありませんでしたので、確信はありませんでしたが、思い切ってドライブシャフトを左右交換しました。

最近のブーツはプラスチック(?)のように硬い素材のものもあり、破れにくくなりました。
それだけに異変の発見を遅らせてしまうデメリットもありますので注意が必要です。

CIMG1007.jpg

ポールジョイントが固着により外れなかった為、ロアアームごと切り離しました。

このタイプのドライブシャフトはインナージョイント内のベアリングが脱臼しやすいので慎重に作業を進めます。

CIMG1009.jpg


問題があった左側ドライブシャフトが固着によりハブから外れなかったので
プレスで圧入したところ、ハブベアリングまで一緒にくっ付いてバラけてしまうというハプニング!!

もちろんベアリングは新品交換です。
CIMG1012.jpg


さらにもうひとつ、エンジンの揺れが大きいことも気になり(バックギア→ドライブに入れたときにガコっとエンジンが大きく動いたことから)
エンジンマウントの点検をおこなったところ、やはり一部損傷があった為今回は応急処置で対応、
近々新品に交換が必要の旨をお伝えして作業完了となりました。

作業後は異音も解消し、以前よりエンジンが静かになったと大変喜んでいただけましてこちらも嬉しく思います。


年式を重ねた車を長く乗るためのメンテナンスもお任せください。




オウジファクトリーはブログランキングに参加しております。
クリックお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2012/01/14(土) 23:28:43|
  2. 作業

プロフィール

ラディカル・ヤストモ

Author:ラディカル・ヤストモ
趣味が高じて仕事になってしまいました。京都府八幡市でオウジファクトリーというカスタムショップを営んでおります。様々なカスタムジャンルに対応できます。
京都府八幡市内里荒場35-2
TEL:075-200-4385

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する